ペット看護コース

ペット看護コース 動物病院で必要とされている、協調性・自主性・社交性を持った動物看護師を育てます。
TSBの『ペット看護』とは?
  • 犬の生活すべてのサポートを看護と考え、各疾患に合わせた管理や老犬の介護の方法などを学びます。

  • 看護学と併せてシャンプー療法やカットの技術を勉強し、犬をきれいにして退院するまでのケアを看護師の仕事として学びます。

  • 日頃から学校で犬の管理や掃除、洗濯、食事の管理などをすることで卒業後、即戦力となり仕事ができます。

【動画で見る】授業風景~看護実習~
動物看護師に必要な医療知識や技術を学ぶ看護実習の授業風景を紹介♪動画は、動物看護師にもっとも必要な「保定」を学んでいるところです。
取得をめざす資格
安達認定ライセンス
看護 上級/中級

動物の気持ちを考えた接し方ができ、獣医師の求める看護師としての知識、技術を認定する。

トリマー/トレーナー A級 / B級 / C級
ビジネススキルライセンス

Word文書処理技能認定試験/Excel®表計算処理技能認定試験/PowerPoint®プレゼンテーション技能認定試験/ビジネス文書検定/ビジネス実務マナー検定/サービス接遇検定/秘書技能検定/販売士(リテールマーケティング)検定/日商簿記検定 など多くの資格取得が可能!

赤嶺佳奈恵さん

Student's Voice 犬の幸せを1番に考え、それを実現しようとしている学校の考え方に魅力を感じ入学を決めました!

Q. 現在どんなことを学んでいますか?
A普段から犬の様子を観察し、体調の変化などに気付ける人になりたいので、飼育当番はしっかりするように心がけています。
Q. TSBの魅力は?
A先生や先輩がすごく優しくスクール犬もみんな可愛いく学校生活が毎日楽しいです。また、看護もトリミングもトレーニングも全てを学べるので自分を高めるのにはもってこいの学校です。
Q. 将来の夢はなんですか?
Aトレーニングやトリミング、看護をしっかりと勉強し、飼い主さんに何を相談されても答えられ、臨機応変に対応できる動物看護師になりたいです。

ペット看護の仕事って?

「動物看護師」の仕事は多岐にわたっています。一般には動物病院での看護業務をするというイメージがありますが、実際の動物看護師は動物病院での医療行為を除くほとんど全ての業務を手がけています。
受付業務や診察の補助、投薬、お世話、病院内の清掃・消毒、そして飼い主様へのフォローなどさまざまな仕事を行います。

医療の1日

思いやりを持って、何事にも平常心で取り組む!スクール犬の管理や散歩などでもさまざまな事が学べます。

梅田真理子先生

Teacher's Voice 周囲を明るくできるコミュニケーション能力と素直さ・賢さ・責任感のある動物看護師を育成していきます。

獣医という立場から、動物看護師を目指している学生には、知識・技術の習得のみの2年間で終わるのではなく、人間的に魅力があり患者さんの気持ちに寄り添えるようになってほしいという思いで指導にあたっています。きちんとアイコンタクトがとれることや素直さ、強さを兼ね備えられるよう、学生に日頃から言葉がけをしています。

オープンキャンパスで看護実習を体験しよう!~ワンちゃんも安心!看護師のお仕事を教えます~
大好きなワンちゃんには、いつも元気でいて欲しい!毎日、簡単にできる健康チェックの仕方や、看護師の必須スキル「保定」を体験しよう。

ペットビジネス学科のことをもっと詳しく知りたい方は、スクールガイドをもらおう